2030年に向けた新しい省エネの形 日時:令和3年2月9日(金)13:00~17:30(12:30 開場)

省エネで始まる経営好循環 令和3年2月16日(火)13:30~17:00(12:30 開場)

皆様の環境戦略を変える「第6次エネルギー基本計画」の策定が始まりました。

又、菅総理が2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことの宣言を行ない、更なる省エネの推進が求められるところです。

本シンポジウムでは、省エネ&エネルギーイノベーションの現在と未来を発信します。

基調講演では「ウィズコロナ」、企業価値を高める「ESG」、「DX(デジタルトランスフォーメーション)」「MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)」といったホットトピックが省エネにつながる新しい視座をご紹介します。在関西企業の最新省エネ事例発表、施策説明と合わせ、皆様に「2030年に向けた新しい省エネの形」 をお届けいたします。

詳細・参加登録はこちら            

2030年の「エネルギーミックス(長期エネルギー受給見通し)」の目標達成に向けて、中小企業等にも省エネや節電への取り組みが求められています。

本セミナーでは国による省エネ関連の補助制度等をご案内するとともに、具体的な削減方法や費用対効果、在関西企業の具体的な取組事例をご紹介します。

中小企業の皆様が「省エネ」で「経営好循環」を生み出すきっかけとなるセミナーです、是非ご参加ください。

詳細・参加登録はこちら            

参加無料/WEB開催